ファイナンシャルプランナーって何をする人?

ファイナンシャルプランナーと聞くと、なにやらお金の事をいっているのかな…なんてイメージされる事が多いのではないでしょうか。お金と言っても、財布の中にあるお金、預金、株式などの投資、税金、会社が銀行から受ける融資と…世の中にはたくさんのお金が出回っています。ファイナンシャルプランナーは、こうしたさまざまなお金を取り扱うエキスパート。税金や投資などはもちろん、不動産や住宅ローン、教育、老後、相続、そして節約まで…ありとあらゆるお金の管理に詳しいものとなっているのです。

 

ファイナンシャルプランナーというのは、お金の運用に関するプロで、それを商売に収入を得ています。ですが、それだけでなく、自分の生活に役立てるといったメリットもあります。なにせ、ファイナンシャルプランナーの仕事は、会社だけでなく生活に密着したものもあるのですから。保険は何に入ったほうがいいとか、住宅ローンの選び方、教育費がどれくらいかかっていつまでに貯めればいいのか、貯金は投資はどうすればいいのか、老後の暮らしはどうしたらいいのか…などなど、自分の生活を豊かにするため効率的にお金の運用をすることができるのです。

 

そんなファイナンシャルプランナーが活躍できる職場には、銀行や保険、証券といった金融業界をはじめ、住宅メーカーや物件仲介業などの不動産業界などで、その知識を役立てる事ができます。就職では、即戦力として採用されることもありますし、知識を生かして独立する事が可能。選択の幅が広いのです。


ファイナンシャルプランナーの資格試験と年収

ファイナンシャルプランナーと一言にいっても、その資格の種類はいくつかあります。最も有名なのが国家資格である「ファイナンシャル・プランニング技能検定(FP技能検定)」で、資格試験は1級・2級・3級と分かれています。この資格以外には、民間のものでAFP、CFPといったものもあります。どれがどれだけ役に立つかは、勤務先や業務によって異なるものとなります。ただ、実際の実務の面からみると、ファイナンシャル・プランニング技能検定の2級以上は持っていたほうが有利になるといえるでしょう。

 

ファイナンシャル・プランニング技能検定は、複数の指定試験機関でおこなわれており、一般社団法人金融財政事情研究会と特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)が実施しています。どちらを受けても、取得できる資格はもちろん、受検資格や試験免除基準は同じものとなっています。試験では学科試験と実技試験とあり、両方に合格しなければいけません。

 

試験日は、2級と3級の学科試験は同じ日にあり、各級それぞれに同一の試験問題となっています。試験日が異なれば別の選択科目を受験する事もでき、合格する事で選択科目名が記載された合格証書を取得。実技試験は選択科目によって、試験実施機関が異なるものとなります。

 

晴れて合格し、ファイナンシャルプランナーとして就職できた場合。働き方によって、その年収は200万〜1,000万以上とさまざま。独立した場合、「相談料」といったものが主な収入源となるようです。