稼げる人がもっているもの

世の中には、同じ仕事をしているのに稼げる人まったく稼げない人といます。その差というのは、一体どこで生まれるのでしょうか?その違いを調べてみたところ、2つの決定的な違いがあることがわかりました。

 

一つは、キャリアビジョン。キャリアビジョンとは、将来的なビジネスパーソンを具体的にイメージすることができるかどうかです。何か目標をもって取り組んでいる人は、ぐんぐん成長する力を大きく秘めています。ところが、特に何も目標にしているわけでなく、なんとなく言われるがままに仕事をしている人には、そこまで目覚しい成長をみることはできないでしょう。ビジネスパーソンとは、そういった将来的なビジョンをもっているかどうかの違いなのです。目標を高く掲げ、それに向かって頑張っている人は昇格も早いでしょうし、それにともなって年収もあがっていくものとなるでしょう。

 

ただし、このキャリアビジョンの姿勢も大事なポイントとなります。がむしゃらにがんばるが為に気持ちが常にピリピリしている人には、人が寄り付かなくなります。どんな仕事でも一人でこなすには限界があり、社内のチームワークも必要となります。また、人に対して寛容な気持ちがないと、誰もついてきてくれる人がおらず…孤立してしまう事も。これでは人望がないとして昇進も難しいものとなるでしょう。上に立つ人間には、人望も欠かせない要素となるのです。

 

そして二つ目は、PCスキル。今はパソコンが使えるのは当たり前の時代。メールやインターネットといった基本的な扱いはもちろん、ワード・エクセル・パワーポイントなどのオフィス系ソフトが使えないと仕事ができません。基本的なことができるといったことよりも、いかに仕事にうまく活用できるかがそのポイントとなります。

 

誰にでもわかりやすい企画書が作れるか?いくつものデータを集めて最適な収集結果を出せるか?必要な情報をすばやく的確に集めて、そこから要点を導き出せるか?など、パソコンを使って効率的に仕事をまとめる事ができるかどうかで、まわりからの評価もおのずと変わるのです。これは、努力次第で変わるものですから、是非とも身につけたいスキルです。


職種による特性をよく理解する

稼げる人というのは、しっかりとしたキャリアビジョンを持っていて、必要なPCスキルを持っている人。職業別に見てみると、どういったとところを特に強化していけばいいでしょうか?例えば、下記の職種ではこうなります。

 

○営業…思い描いたビジョンを実現させるための戦略力と実行力
○コンサルタント…自分から人に積極的に関るようにしたり、嫌なことがあっても笑顔でにっこりできる寛容な心
○SE…どんな能力を持って生かしていきたいのか、しっかりとしたビジョン

 

職種によっても、それにあった特性というのがあります。仕事における特性をどこまで理解できるのか…その読み取りが、仕事のできるできない、そして稼げる人と稼げない人の差になってしまっているのです。